不動産の選び方

不動産の選び方

不動産の選び方 土地や建物を売却する場合、借りる場合のどちらであっても、一般には不動産屋に対して相談をした上で、正式に手続きを依頼することになります。この場合に大手と個人経営のどちらがよいのかは、なかなか難しい選択といえ、その都度考えることが必要です。
大手の場合は特定の地域だけではなく全国がターゲットとなっていますので、取り扱う物件数が多いのが特徴です。賃貸の場合は選択肢が増えることを意味していますし、売却の場合も購入希望者を全国ネットで見つけやすいというメリットがあります。
いっぽうで個人経営の不動産屋の場合には、地域に根ざして営業活動をしていることから、大手が取り上げない掘り出し物の賃貸物件を見つけてきたり、地域の有力者とのコネクションで条件のよい購入希望者と引き合わせてもらえることがあります。また土地やファミリー向けのマイホーム、別荘物件などの得意分野を持っていることが多いのも特徴で、目的にぴったり合った場合には絶大なメリットを発揮します。

不動産の付加価値として評価されるものは?

不動産の付加価値として評価されるものは? 不動産は大量生産された工業製品とは違って、土地も建物もこの世に同じものが二つとないというところが特徴です。そのため不動産の評価をするにはかなりの専門的な知識と経験が必要になりますが、ごく一般的にいえば、その物件の立地している場所、面積、築年数、駅からの距離などのいくつかの要素によって決まります。
こうした基本的な要素以外にも、付加価値として評価されるものがいくつかあります。たとえば住宅に太陽光発電システムや家庭用蓄電池システムなどの省エネルギーに寄与する特別な設備が設置されている場合には、これは通常の住宅よりも優れた特徴といえますので、査定のなかでも評価が高くなります。そのほかに設備そのものではなく、住宅性能表示制度の適用を受けていたり、耐震診断の結果が残っているなど、客観的にその住宅に優れた特徴があることがわかる証拠がある場合にも、やはり付加価値のひとつとして評価されるのが一般的といえます。

新着情報

◎2023/9/1

情報を更新しました。
>不動産を売却する時はオンラインで行うことができる
>不動産はネットの情報だけでは足りないわけとは
>不動産投資で確実に成功するには最初は中古物件は推奨できます
>不動産を購入するときは情報をしっかりと手にすること
>不動産売却をする時サラリーマンなら気をつけたいこと

◎2018/7/20

マンションの価値は利便性
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

不動産の積算価格とは
の情報を更新しました。

◎2018/2/22

不動産の選び方
の情報を更新しました。

◎2017/12/18

不動産査定額をアップさせるには
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

簡易査定の算出方法
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

サイトを公開しました

「不動産 価値」
に関連するツイート
Twitter

今の状況では、インフレによる通貨価値の毀損に耐えるために、不動産や株式に交換して置くしかありません。 どうせすぐに株式市場、不動産市場にお金が戻ってきます。 ・・・と予想しています・・・😅

相手に目利き能力がないのを良いことに 明らかにグラム換算で400万以上の価値がある金の茶碗を180万で買い取りする古物商 明らかに路線価換算で4000万以上の価値がある土地を1800万で買い取りする不動産屋 収益構造が似てる

返信先:他1価値がなくて全く引き取り手のいない実家の不動産とかが定番ですが、なぜか市区町村の評価額はそれなりだったり固定資産税はしっかりかかったり、理不尽ですからねえ 本当にどうしようもない場合は、プロに相談かなやっぱり(お金かかる)

円安が加速する中で、不動産投資の熱は冷めやすい。だけど、貨幣価値の揺れ動きを眺めながら、私たちは静かなる大地の力、不動産投資のポテンシャルを見落としてはならない!弁護士が教える不動産投資塾、オンラインでの情報収集、資料請求サービスOh!Yaからのキャッシュバック、すべては、この揺れ動…

不動産で年商100億あっても、それが「情報の囲い込み」によって成り立ってるなら存在価値がないどころか、消費者からすると悪。本当は1億で売れるのに、それを隠して5000万円で成立させる利己主義不動産会社が多すぎる。高く/早く売れる仕組みをつくって介在価値を高めるのが我々の使命。